アジアの空の下で

バックパッカー体験記

   11月 11

インドのウシの扱いがちょっと酷い(笑)

インドではウシは神聖視されていると聞いていた。
神聖視されているなら、もちろん大切に扱われていると思っていた。
だけどその考えは間違っていたようだ。

 

インドの街には…街といわず至る所にウシがいる。
通行のジャマをするのもしょっちゅう。

 

ウシは神聖な生き物だから、ウシがどくまで待っているのかなと思っていたら大間違い。
「どけ!」とウシに怒鳴り、それでもどかない場合はお尻をバシバシ叩く。
あ…あれ…神聖視…?

 

ウシはマーケットにもいる。
地面にむしろのような物を敷き、その上に野菜を並べて売っている。
牛の好きそうな葉物野菜も。

 

野菜売りのおばちゃんが目を離した隙にウシが葉物野菜をムシャムシャ食べ始めた。
それを見つけたおばちゃんは棒でウシを叩きながら怒鳴っていた。

 

こんな光景をしょっちゅう見かけた。
神聖視しているからといって、無条件に大切にするわけではないようです。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.