アジアの空の下で

バックパッカー体験記

   6月 12

カラコルムハイウェイへ(その5)

その4の続き)

ってか、パキスタン人よ、出国スタンプを押してもらうことなしにどうやって建物から出られた?

疑問が頭をよぎったが、バスが動かないのは事実。
発車するのを待つしかない。

が、私はここでトイレに行きたくなった。
そりゃ、朝からずっとトイレに行ってなければ、行きたくもなるだろう。

バスの扉は開いている。
近くの廃墟の中なら、安心して用を足せる。

そろ~り、そろ~りとバスから降りて、廃墟に向かった。

すると…
「#&(%“$&‘♪#&’~&%!!!!」
怖そうな係員から思いっ切りなんか怒鳴られたw

バスに戻れってことだな、たぶん…。

1ヶ月以上に渡る言葉の通じない国での滞在で、私のボディランゲージ能力は上がっていた!
お腹を丸め、さすりながら、いかにも「腹痛です!」というような仕草をし、苦しそうな声で「トイレ!お腹痛い!←日本語でw」と叫んだ。

すると、また何か怒鳴られたけど、廃墟へ行って良さそうな感じだったので、廃墟へ行き用を足した。

そんな感じで、結局バスは3時間近く停車し続けた。
例のパキスタン人がバスに戻って来て、やっとこさバスは出発した。

今度こそ、ワクテカが止まらない!


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.