アジアの空の下で

バックパッカー体験記

   7月 13

ああ憎い、南京虫

安宿に泊まるにおいて恐れることがいくつかある。
盗難、幽霊、糞が詰まりまくったトイレ、そして南京虫。

今日は南京虫について。
南京虫は指で押してもなかなか潰れない、憎たらしい血を吸う虫(米粒大)。

強欲な南京虫は一度に何度も何度も血を吸う。
肩から手の甲にかけて、ポツポツと、南京虫が歩いたあとに?噛まれた痕が残ることもある。

そしてあの痒さ。
噛まれた箇所は普段はあまり目立たないが、一旦痒くなりかきむしり始めると、真っ赤に腫れ、怪しい皮膚病にでもかかったかのようになる。

発狂してしまうのではないかと思うくらいに痒くなり、市販の虫刺され軟膏なんか全く効かない。

痒み地獄の中で見つけた、簡単に痒みを鎮める方法。
痒い箇所+その周辺にたっっっっぷりとタイガーバームを塗る。
ビチャビチャに濡らしたタオルをその上にかぶせる。

これによって、熱が奪われ痒みが鎮まる。
タイガーバームを塗りたくると臭くなるが、痒いよりマシ。

あとはバックパックの中での繁殖を防ぐために、くっさい防虫剤を数週間入れておく。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.