アジアの空の下で

バックパッカー体験記

   8月 31

税関はニガテです

帰国時、特に税関を通る時は緊張する。
アヤシイ物は持ち込もうとしてないし潔白なのだけど、疑われるのは嫌な気分がする。

私の見た目が少し「変」だったのかもしれない。
80リットルのバックパックがパンパンになるまで荷物を詰め、布製のサブバッグもパンパンに膨らんでいる。
荷物が多すぎる。

税関で職員にパスポートを渡しチェックが始まる。
職員はパスポートをペラペラめくりながら一言。
「別に海外で吸ってきてもいいんですけどねぇ、持ち込まれると困るんですよ!」

そして私の荷物に目をやり、「で、中には何が入ってるんですか?開けても構いませんか?」

荷物チェックを拒否することはできないでしょーが。
見たいだけ見て下さい。

で、サブバッグのチャックを開ける職員。
水圧式のでっかい水鉄砲(70cmくらい)が現れた!

職員:「何ですか、コレ」

水鉄砲なんて旅行者の持ち物じゃないから、変に思うのも仕方がない。

私:「タイの水掛祭りで使った水鉄砲を持って帰ったんです」

職員は水鉄砲を見たらバックパックを開ける気をなくしたのか、その後すぐに解放してくれた。
いくら小ぎれいな格好をして税関へ行っても、パスポートを見られたら必ず怪しまれます。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.