アジアの空の下で

バックパッカー体験記

   9月 23

危険な吊り橋

パキスタンのフンザは風の谷のナウシカの「風の谷」のモデルになったといわれるほど景色の美しい場所だ。
山岳地帯ということもあり、トレッキングコースもいくつかある。

 

私と友人は危険な吊り橋があると聞いたので、その橋を訪れることにした。
ミニバスで吊り橋までのトレッキングコースの入り口まで行った。
入り口からは歩いて、情報ノートに書かれていた通りに進んで吊り橋を目指した。
氷河の融けた水が流れる川沿いに歩いていると吊り橋が見えてきた。

 

 

板がところどころ抜けていて危なそうだったけど、せっかくここまで来たんだし渡ってみることにした。
足を踏み外さないように下を見ながら渡っていた。
吊り橋の中ほどまで来ると、橋が軽く揺れ始めた。

 

落ちないように両端のケーブルをしっかり掴みながら下を向いたまま進んだ。
吊り橋の板と板の間から川の流れが見えた。
静止しているもの(板)と動いているもの(川)を同時に見ていると目が回ってきてクラクラしてきた。
それに橋の揺れ。

 

吐き気をもよおし、これ以上の歩くのは無理!と思ったけど吊り橋のど真ん中で「無理!」なんて言ってもどうしようもないので、根性で渡りきった。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.